2019/09/10

lifestyle

隠された『挨拶』の効果

みなさん!『挨拶』に隠された効果ってご存知ですか???
当たり前にしている挨拶の効果は、3つあります。

 まず1つ目の効果は、「気分高揚効果」です。挨拶をすると、気分が良くなるという効果ですね。
私たちは、「おはよー」って挨拶したら、「おはよー」って挨拶される。それだけで、気分が良くなるんです。「私、おはよーっていうと、気分が悪くなるんですよね!」っていう人見たことないですよね。つまり、今すぐに実践すれば、幸せな気分になれる方法。それが、挨拶なんです。

 続いて、2つ目の効果は「緊張緩和効果」です。
人は声を出すことで、緊張がほぐれる効果があります。例えば、仕事で大事なプレゼンテーションをする前など、ちょっと不安だな〜って思う場面で、近くにいる人と、挨拶を交わす、声を出して挨拶を交わせば、緊張をほぐすことができるんです。
 ある生理学者の研究によると、【ある程度の「ストレス」や「緊張」がある状態では、脳内に、集中力や判断力を高め、脳のパフォーマンスを飛躍的に高めてくれるというノルアドレナリンが出て、パフォーマンスはアップする】というのもわかっています。なので、黙ってジーと本番を待つよりも、だれかと挨拶交わしながら本番を待ったほうがいいということですね。
 
 最後に、3つ目の効果は、「承認効果」です。
挨拶は、相手がそこにいるということを認知する行為です。認知された相手は、自分という存在が認められたと、承認欲求が満たされます。例えば、みんなに挨拶をしている人が、もし自分だけに挨拶をしてくれなかったら、どう思いますか?「私なんていなくてもいいのかな。」「僕って存在感薄いのかな。」とか思ってしまう。逆に、挨拶をしてもらえれば、「自分という存在が認めてもらえている。」「ここにいていいんだ。」と思える。つまり、承認欲求が満たされるということが、挨拶をされると、嬉しい理由の1つなんです。
 心理学では、人の欲求には5段階あると考えられています。下から、
【生命維持のために食べたい、飲みたい、眠りたいなどの根源的な欲求】生理的欲求
【安全環境にいたい、経済的に安定していたい、良い健康状態を維持したい】安全の欲求
【家族や集団を作り、どこかに所属しているという満足感を得たい】社会的欲求
【自分が集団から存在価値を認めてもらい尊重されたい】承認欲求
【自分の持つ能力や可能性を最大限に発揮したい】自己実現欲求
に分かれています。下の欲求が満たされると、上の欲求に上がっていくと考えられています。
 つまり、4段階目の承認欲求が、挨拶によって満たされると、次の自己実現欲求を満たしたくなるということなんです。つまり、挨拶で相手に承認を与えることで、相手の欲求のレベルを高めることができる。職場で、挨拶をすれば、みんな1人1人が自分自身に求める欲求のレベルが上がって会社の業績が上がるかもしれないということなんです。

 以上、3つが『挨拶』に隠された3つの効果なんですね!
 『挨拶』ってすごいですね!

最後まで読んでいただいてありがとうございました!

このページが役に立ったら
いいね!お願いします。